(4)「事前着手費用」はどのように申告したらよいのでしょうか。

交付決定日より前に発注されている経費がある場合、申請時に事前着手届出の提出、及び提出いただく収支計画書明細に、対象費目について事前着手費用欄に✔及び発注日を入れていただくことで、事前着手届出を行うことができ、補助対象経費として認められる可能性があります。申請時に✔及び発注日を記載いただけなかった場合、該当する費用について補助対象経費として認めることはできませんのであらかじめご注意ください。
*注意 2020 年 2 月 1 日以降交付決定日前に発注していた対象経費、2020 年 1 月 31 日以前に発注していた会場費、権利使用料が対象となります。